EDGE+R BOOSTプログラムと立命館大学Sustainable Week実行委員会のコラボ企画として、2020年7月13日(月)「心を動かす。プレゼンテーション講座」を開講しました。

聴衆を引きつけるプレゼンテーション

今回は、PEP(Project-Based English Program)の指導教員である近藤雪絵先生(薬学部 准教授)を講師としてお招きし、「セルフプロモーション」についてレクチャーして頂きました。

近藤先生からは、どのようなプレゼンテーションが聴衆を引きつけるのかについてお話頂きました。自己紹介からセルフプロモーションへのステップアップを目指して、参加者同士での発表し合いました。

近藤先生のレクチャーを聞き、情報や興味、関心だけでなく、ビジョンを伝えられる、参加者それぞれのスローガンやキャッチコピーを考えることができました。

EDGE+R BOOSTプログラムについて

EDGE+R BOOSTプログラムとはEDGE+Rの学生スタッフが運営しているもので、オンライン期間中にEDGE+Rに興味がある学生やイノベーションに興味を持っている学生を対象にスキルアップやノウハウを蓄積する、また得たスキル・ノウハウを実践する場所を設けているスキルアッププログラムです。

EDGE+Rとは

EDGE+Rプログラム(イノベーション・アーキテクト養成プログラム)は、文部科学省次世代アントレプレナー育成事業に採択されている、イノベーションを興せるる人材の輩出を目指し、幅広く多様な受講生で構成される文理融合チームが課題抽出・課題形成・課題解決のサイクルを回すPBLプログラムです。