団体名 立命館大学 Sustainable Week 実行委員会
団体構成員 Sustainable Week 2017:約700人
Sustainable Week 2018:約600人
所在地 〒525-8577
滋賀県草津市野路東1丁目1−1立命館大学びわこ・くさつキャンパス
設立 2017年04月01日
代表者 上田隼也(うえだじゅんや)
事業内容 ● 学内外に向けたSDGs勉強会の運営
● 市民を対象にしたSDGsワークショップの運営
● SDGs体験型イベントSustainable Weekの運営
連絡先 sustainableweek▲gmail.com(▲を@に置き換えてください。)

Sustainable Weekとは

Sustainable Weekは、国連が掲げた地球規模でのSDGsの解決を、自分たちが所属する立命館大学びわこ・くさつキャンパスを1万人の「小さな地球」と見立て、SDGsにおける17個のゴールを啓発・解決の視点から主体的に取り組むイベントです。

そこでは、様々な分野で活動をする学生団体が、活動内容や専門性を活かしながら、これからの「持続可能な社会」を表現し、大学、地域を巻き込んだ企画を実施します。

このような活動を進めることで、私たちは学生がSDGsを「自分ごと」に落とし込み、行動に移すきっかけとして、学生にとって一番身近な大学のキャンパスを小さな地球と見立てて、SDGsに取り組んでいます。

立命館大学 Sustainable Week 実行委員会の目的

私たちは下記に示すVision・Mission・Valueを理念として、SDGsに則した組織を創ります。また、組織や考え方を柔軟に進化しながら、学生や社会、大学の在り方を持続可能な形に変化させることを目指します。

Vision

大学を核として、周辺地域を巻き込む増殖型SDGsエコシステムを創造する

Mission

学生同士が連携し、社会と繋がりながら、主体的に課題解決に取り組む、次世代のSDGsリーダーになる

Value

  1. 学生自身が、所属組織の持続可能性について深く考え、自己表現する機会の提供
  2. 立命館大学びわこ・くさつキャンパスから社会課題解決に向けた提言
  3. 時代、社会、人の変化に対応できるサステイナブルキャンパスの実現

Sustainable Weekの効果

昨年度実施されたSustainable Week 2017では、28の学生団体による様々な企画が開催されました。その後の企画実施団体に対するアンケート調査の結果、SDGsについて認知・理解度はSustainable Week 2017実施前に同様に行ったアンケート調査結果では20%の認知度であったのに対して、実施後は94%の学生がSDGsについて認知することができました。また、60%以上の学生が社会課題を身近なものとして捉えられるようになりました。

▲ [Sustainable Week 2017実施後のSDGsの理解度]

結果として、SDGsに対する企画を1度行うだけであっても、90%弱の学生がSDGsの概要・内容を理解できることがわかりました。しかし、そのような環境の中でもSDGsについて知らない学生が発生してしまうことから、すべての学生が主体的に活動を行うことは現状では難しかったようです。これは、学生団体単位での参加を促した事によって、学生団体の全員がSDGsのことを知れる機会を提供できなかったため、100%の認知度になることができなかったと考えています。

▲ [Sustainable Week 2017で社会課題を身近なものとして捉えられたか]

先程示したSDGsの認知度と理解の結果を鑑みて、同一軸での比較ではないものの、本アンケート結果のほうが芳しくない結果を示しました。この原因としてSDGsの番号に囚われすぎ、自分が考えていたもともとの問題と乖離した企画が発生してしまったことが原因と考えています。特に初年度の実施もあり、SDGsへの理解は参加団体間で差異が大きく、自分たちが活動している内容をうまくSDGsに落とし込めていなかった団体の方々が、社会課題と自身の活動を連携して見ることが難しかったのではないかと考えています。

活動報告書

また、Sustainable Week 2017の報告書をこちらで公開しています。
約10MBの大容量ファイルのため、ダウンロードの際はお気をつけてください。

Sustainable Week 2017の報告書