2019年11月15日(金)、立命館大学衣笠キャンパスで「教養ゼミナールSDGs表現論 特別公開授業を実施しました。今回で2回目となるSDGs表現論 特別公開授業は、3週連続でゲストをお招きし、ゲストによるパイオニア講演と受講生によるマイプロジェクトの中間発表を行っています。
第1回目の特別公開授業の様子は以下のボタンからご覧下さい。

Dari K株式会社でのSDGsの取り組み

今回は特別ゲストとしてDari K株式会社 代表取締役である吉野 慶一氏をゲストにお招きしました。パイオニア講演では「SDGsとソーシャルビジネス」というテーマでお話していただきました。
様々なSDGsの取り組みを行っているDari K株式会社の具体的内容や、吉野さんのカカオにかける熱い思いを聞かせていただきました。

学生からのマイプロジェクト発表

パイオニア講演の後にはSDGs表現論を受講する学生3名による中間発表を行いました。
環境問題に注目し、マイボトル推進の活動を行いたい、映像を通して自信のない人に自信を持ってほしいなど、実際に今までに行ってきた活動を踏まえてこれから取り組みたいマイプロジェクトについて発表していただきました。

経験を踏まえた実践的なアドバイス

学生たちの発表を踏まえ、吉野さんからコメントを頂戴しました。
吉野さん自身が実際に体験してきたことを踏まえ、学生が行っている活動に対しての利点や改善点を述べ、ビジネスの面からアドバイスをしていただきました。

次回のゲストについて

次回11月22日は、ゲストとしてPlug and Play Japan COOの内木 遼氏に来ていただき、「何故、今スタートアップなのか?~卒業後の選択肢を改めて考える~」をテーマにお話しいただきます。
ビジネスや投資に興味がある方、進路について考えている学生の方など多くの方のご参加をお待ちしております。周りの方々にシェアや拡散のほどよろしくお願いいたします。以下のボタンからお申し込み下さい。