イベント概要

国連が定めた17の目標と169のゴールからなるSDGs(持続可能な開発目標)日本全国・世界各国でSDGsに向けた活動に関心のある人々がオンラインで集う場所です。これからの社会に必要なSDGsの考えを踏まえて、様々な分野の先駆者から「どのようにSDGsを活かして」活動するのか、生きていくのかを学び合います。

イベント詳細

【日時】
2019年3月30日(土) 20:00-21:30
20:00-20:10 チェックイン
20:10-20:15 仮想地球市民会議について
20:15-21:20 講演(話題提供)・ディスカッション
21:20-21:30 チェックアウト
【参加方法】
お申込みはfacebookイベントページ、もしくは以下のリンクから行えます。
Facebookイベント:https://www.facebook.com/events/1100492913487147/
URL:https://goo.gl/forms/5fR7PfmxYX13uzJC2

なお本会議はオンライン開催で行います。事前にZOOMのインストールをよろしくお願いいたします。
URL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
【参加費用】
無料
【募集人数】
20名程度※締切 2019年3月29日17時まで

【登壇者紹介】
学生団体おりがみ代表(設立者) 都築則彦 氏
1994年、千葉県生まれ。千葉大学大学院人文公共学府博士前期課程1年生。大学入学直後に、オリンピック・パラリンピック2020東京大会に向けて活動する「学生団体おりがみ」を設立。2017年度千葉市大学市長賞受賞。過去には、第16回世界女子ソフトボール選手権大会ボランティア専門部会委員、Gakuvo日本財団学生ボランティアセンター学生委員、学生ボランティアと支援者の集う全国研究交流集会学生委員などを歴任。
【発表内容】
2020年東京オリンピック・パラリンピック。世界各地の人が、この土地、時に思いを馳せ、東京、日本、そして世界が変わっていく。この機会を、みなさんはどう捉え、何に取り組みますか?今回は、そのヒントを、歴史的な背景から紐解き、いくつかの実践例と共にお伝えできればと考えています。
【協力】
学生団体おりがみ URL:http://origami-tokyo.com/