2019年2月27日(木)、立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて立命館大学 Sustainable Week 実行委員会、TaBiwa+R、立命館大学COMARSの3団体による2019年度成果報告会「xChannel」を開催しました。なお、本企画は2019年度滋賀県内大学SDGs補助金受給団体の成果報告会でもありました。

芝浦工業大学と岡山大学の学生もトークセッションに

冒頭、滋賀県企画調整課の影山様より、SDGs補助金の制度や滋賀県のSDGsの取り組みについてご紹介いただきました。その後、当団体、TaBiwa+R、立命館大学COMARSより各団体の2019年度、特にSDGs補助金受給事業の活動報告を行いました。活動報告の後は、今回の成果報告会に参加してくださった、芝浦工業大学SDGs学生委員会 綾いと、岡山大学SDGsアンバサダーの学生、そしてオーディエンスとの質疑応答を含めたトークセッションを実施しました。トークセッションではまず、芝浦工業大学、岡山大学それぞれの活動について紹介していただきました。似たような取り組みでも大学ごとにオリジナリティがあり、会場の参加者は大変興味深く耳を傾けていました。続いて発表した代表の学生同士、また会場から学生への質疑応答がありました。特に団体の運営に関しての質問が比較的多く寄せられ、疑問に対する答えを会場全体に共有しました。

御礼

近日の社会情勢による直前の会場変更にもかかわらずお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年度も当団体をはじめ関係団体の活動を温かく見守っていただけますよう今後ともよろしくお願いいたします。