関係各位

 日頃より、立命館大学 Sustainable Week 実行委員会(以降、弊団体)の活動へのご興味・ご関心を寄せていただき、誠にありがとうございます。

 さて、近頃、弊団体が2017年、2018年の10月に立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて開催した学生主体のSDGs体験型イベント Sustainable Weekに関するお問い合わせを関係各所より多数いただいております。大変注目度の高いイベントとして皆様が心待ちにされていること、大変嬉しく思いますとともに、ご支援、ご協力いただいております関係者の皆様には心より感謝申し上げます。まずは一度弊団体より、今後の活動、および大まかなスケジュールについてお知らせいたします。

1. 立命館地球市民会議(9月)
立命館附属校同士の関係や立命館大学とのネットワークを創出するため、「SDGsを用いた発信」をテーマにしたピアラーニング企画を各附属校で実施していきます。

2. ふるさとSDGs(11月)
昨年度実施した「SDGs地域共創型プログラム むらのこ」をベースに、「ふるさとで取り組まれているSDGs の発信」と「挑戦する機会のシェア」を事業の柱にした、様々な地域で取り組むことができる、地方創生の新たな形を模索していきます。

3. 教養ゼミナール「SDGs表現論」(9月~来年2月)
2019年度秋セメスターに実施される教養ゼミナール「SDGs表現論」に向けた講義の構築・準備や、担当教授(山中司教授)と協働での講義運営を行っていきます。

4. Sustainable Week 2019(11月下旬~12月初旬)
SDGs体験型イベントとしてキャンパスをひとつの地球に見立て、学生が主体的にSDGsに取り組み、発信します。

これらのプロジェクト、およびイベントは9月以降、目に見える形で実施していく予定です。詳細は決まり次第、弊団体のWebページなどでお知らせします。この他にも弊団体のメンバーは多方面において活躍しております。こちらもまたWebページなどで活動を掲載する予定です。最後になりますが、引き続き弊団体へのご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
(2019年8月5日、日程に関して更新)

2019年8月1日
立命館大学 Sustainable Week 実行委員会
委員長 亀石 弥都

▼当記事に関するPDFファイルはこちら
2019年度の活動に関するお知らせ