2019年2月17日(日)、ラ コリーナ近江八幡にてSDGs交流会を開催いたしました。

滋賀でSDGsに取り組む、または関心のある方に所属を問わず、参加していただきました。SDGsの取り組みについて発表する「SDGsキャラバン」や、ディスカッションを行いました。

今回こちらの企画は、たねやグループのラコリーナ近江八幡の一室をお借りし、イベントを実施しました。

さまざまな立場から見るSDGs

SDGsキャラバンでは、「SDGsに取り組もうと思ったきっかけ」というテーマで、アイセック滋賀大学委員会、滋賀県立大学、近江兄弟社高校、立命館大学Sustainable Week実行委員会から4名の方にお話ししていただきました。

発表者それぞれのSDGsに対する捉え方や考え方、取り組みを知ることで、SDGsを多角的に捉えることができました。

SDGsを自身の活動に活かすためには

「活動をする上で、SDGsを生かすにはどうすればいいのか」を題に、3-4人のチームを組み、ディスカッションを行いました。

自身やそれぞれの団体の強み、そして本イベントでできたつながりを生かしたSDGsへのアプローチの方法が提案されました。提案を実現できるように、今後もこのようなイベントを行っていきたいと考えています。